So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Vine Linux 6.2 に 今度は Canon PIXUS MG5530 のスキャナドライバーをインストールする。 [Linux]

スキャナーはあんまり使わないのだけれど、一応使えるようにした。MG5530は複合機だし。
今回もプリンタドライバーと同様にソースからインストールする。
まず、 gimp-devel をインストールしておく、今回のバージョンは 2.6.12-2vl6 。synaptic の簡単インストール。
(*sane-devel,  libusb1-devel も必要だった。   2018-01-20追記)
次に、Canon の web ページから下記をダウンロード
    scangearmp-source-2.20-1.tar.gz
これをどこか適当なディレクトリに置いて、そのディレクトリに移動した後、下記を実行。

$ rpmbuild -tb scangearmp-source-2.20-1.tar.gz --with build_common_package

そうすると、 /home/hoge/rpm/RPMS/x86_64 に下記のファイルができているはず。
   scangearmp-common-2.20-1.x86_64.rpm
   scangearmp-mg2400series-2.20-1.x86_64.rpm
   scangearmp-mg2500series-2.20-1.x86_64.rpm
   scangearmp-mg3500series-2.20-1.x86_64.rpm
   scangearmp-mg5500series-2.20-1.x86_64.rpm
   scangearmp-mg6400series-2.20-1.x86_64.rpm
   scangearmp-mg6500series-2.20-1.x86_64.rpm
   scangearmp-mg7100series-2.20-1.x86_64.rpm
   scangearmp-p200series-2.20-1.x86_64.rpm
確認できたら、/home/hoge/rpm/RPMS/x86_64 に移動したあと
su になって、下記を実行。

# rpm -ivh scangearmp-common-2.20-1.x86_64.rpm
# rpm -ivh scangearmp-mg5500series-2.20-1.x86_64.rpm

 これで完了。
ネットワークスキャナとして使う場合は Gimp を起動して使う。
設定方法は下記。
   http://hi-take.seesaa.net/article/386700393.html
PCがネットワーク上のスキャナを探すのに比較的時間がかかったが、
すこしのあいだ我慢して待ったらうまく探してくれた。
とりあえずう動いてくれている。

今回少し手こずった部分があるので下記に経緯をのこす。

プリンタドライバーの時はソースの中に rpm パッケージの作り方が書いてあったが、
スキャナドライバーのソース(scangearmp-source-2.20-1.tar.gz)の中にはそれがなかった。
scangearmp-source-2.20-1.tar.gz を解凍して、中をいじくっていて、
autogen.sh を実行した時、下記のエラーが出た。

checking for GIMP... no
configure: error: Package requirements (gimp-2.0 >= 2.0.0) were not met:

No package 'gimp-2.0' found

Consider adjusting the PKG_CONFIG_PATH environment variable if you
installed software in a non-standard prefix.

Alternatively, you may set the environment variables GIMP_CFLAGS
and GIMP_LIBS to avoid the need to call pkg-config.
See the pkg-config man page for more details.

どうも pkg-config で gimp が見つからないようなのだが、
gimp はよく使うのでインストールされているはず。
おかしいと思い、/usr/lib64/pkgconfig を探してみるも、確かに無い。
どうして?と思って synamptic でインストー状況を調べてみたら、
gimp 自体は入っていたのだが、gimp-devel が入っていなかった。
なので、gimp-devel 関連を synaptic でインストールした。
(足りないと困るので gimp 関連のパッケージはだいたい入れちゃった。)

それから、ソースの中を覗いていたら、SPECファイル(scangearmp-common.spec)があるのに気づいて、
それで、プリンタとの時と同様にrpmbuild で rpm パッケージを作った。
プリンタの時は機種名を指定して特定機種の rpm のみ作ることができたが、
スキャナの場合はうまく行かなかったので、指定せず実行したら全部のモデルの rpm が作られた。
まぁ、これはこれで問題は無い。
rpmbuild にオプションの --with build_common_package を付けたが、必要がどうかはわからない。
エラーも無くうまく行ったので付けておいても問題ないだろう。
長いオプションの文字列入力はめんどいけどね。


Linux で vna/J が起動しない時の対処方法 (Vine Linux 6.2 + java , vna/J + miniVNA PRO) [Linux]

デスクトップのパソコンを新調してからしばらく経つが、
そう言えばまだこのPCで minVNA PRO を動かしていなかった。

なので、java をインストールして、vna/J をダウンロードして動かそうとするも、
下記のエラーが出て起動しない。orz

[hoge@localhost ~]$ /usr/bin/java -jar /home/hoge/fuga/vnaJ.3.0.7.jar
#
# A fatal error has been detected by the Java Runtime Environment:
#
#  SIGSEGV (0xb) at pc=0x00007fea7e892970, pid=16244, tid=140645099726608
#
# JRE version: 6.0_24-b07
# Java VM: Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (19.1-b02 mixed mode linux-amd64 compressed oops)
# Problematic frame:
# C  [ld-linux-x86-64.so.2+0x14970]
#
# An error report file with more information is saved as:
# /home/isamu/hs_err_pid16244.log
#
# If you would like to submit a bug report, please visit:
#   http://java.sun.com/webapps/bugreport/crash.jsp
# The crash happened outside the Java Virtual Machine in native code.
# See problematic frame for where to report the bug.
#
アボートしました
[hoge@localhost ~]$
それで、java 関係をインストールしなおしてみたり、古いPCの設定を覗いたりして半日潰したのだが、
結局、ググった情報をそのまま呪文のように実行したら動いてくれた。
[hoge@localhost ~]$ export LD_BIND_NOW=1
[hoge@localhost ~]$ /usr/bin/java -jar /home/hoge/fuga/vnaJ.3.0.7.jar


ただ、毎回これを入力するのはだとめんどいので適当なシェルスクリプトを書いて、
ランチャーで起動できるようにした。
それから、まえのバージョンのvna/Jは Bluetooth のデバイス /dev/rfcomm0 が
認識できなかったのだが、vna/J 3.0.7 だとゃんと認識してくれたので、
前回のように手動でリンクを張る必要が無くなった。
下記はとりあえず目の前にあったハンディー機のホイップアンテナを測ってみた時の
スクリーンショット。
Screenshot-vna-J Version 3.0.7_l.png
とりあえず、動いてくれた。
(けど、ん〜・・・アンテナとしての特性は微妙・・・)


今回動かした主なソフトのバージョンは下記です。
Vine Linux 6.2 kernel 3.4.98-1vl6
java-1.6.0.24-sun
vna/J 3.0.7



Vine Linux 6.2 に Canon PIXUS MG5530 のプリンタドライバーをインストールする [Linux]

今まで使っていた iP4200 が動かなくなってしまった。
自宅で印刷はあまり頻繁にはやらないので、稼働率はそんなに高くなかったが、
結構長く使っていたのでまぁ、仕方ないか。

ただ、印刷を全くしないわけにも行かないので、新しいプリンタを購入した。
それが Canon PIXUS MG5530 。

それで、ドライバをインストールしなくてはならないのだが、
ほんのちょっとだけすんなり行かなかったのでメモに残す。

ドライバは Canon のページからダウンロード。
最近の Canon のドライバはソースがあるんですね。
というわけで、取ってきたファイルは、
  cnijfilter-source-4.00-1.tar.gz

このファイルを解凍するとREADME があり、インストール用 rpm パッケージの作り方が書いてある。
Vine Linux は rpm 管理なので rpm でインストールするという点で都合がいいですね。
作り方はその README を見ていただくとして、
その前に下記をインストールしておく必要があります。
(いずれも Synaptic の簡単インストール)
  cups-devel
  libusb1-devel

README に書かれているように rpmbuild で rpm ファイルを作り、
su になってインストールしました。
 # rpm -ivh cnijfilter-common-4.00-1.x86_64.rpm
 # rpm -ivh cnijfilter-mg5500series-4.00-1.x86_64.rpm

このあと、プリンタをつないで、Gnome パネルの
[システム]-[システム管理]-[印刷]を選択、
印刷のダイヤログボックスが開くので、[追加]をクリックし、 デバイスのところに MG5530 が表示されるはずなので、
それを選択。
テストページで印刷できることを確認しました。

iP4200の時にはソースがなく、rpm ファイルを解凍してファイルを個別に複写するなどして、
結構面倒だったのですが、今回はソースを公開いただいたので、比較的スムーズにインストールができました。


50MHz用ヘンテナの製作 [ham]

6m用ヘンテナが完成したので記事にしました。
これまで断片的に実験結果などを公開してきましたが、
一応の完成をみたので、
その断片的な記事をリンクという姑息な手段を使って、
部品の詳細や運用までを製作記事としてまとめました。
クラブ内報の焼き直しですが・・・・

ヘンテナはその特性上、6mでの運用で真価を発揮するアンテナだという事を認識しました。
そこら辺の考察もちょっと書いて有ります。

 http://www009.upp.so-net.ne.jp/gateside/body/6m_hentenna/6m_hentenna.html


Vine Linux 6.2 + Qucs 0.0.16 + FreeHDL 0.0.8 [Linux]

パソコンを新調して引越しをしているのだが、その一環で Qucs をインストールした。
以前は、面倒臭がって、どこからか拾ってきた rpm をインストールして使っていたのだが、
ファイルが i586 なのでちょっと古いかな・・・・

というわけで、ソースを取ってきてインストールしました。

まずは、FreeHDL 0.0.8.
Qucs のサイトから freehdl-0.0.8.tar.gz をダウンロードして、展開。
freehdl-0.0.8 というディレクトリができるので、そこに移動して、

   $ ./configure
   $ make
   $ su
   # make install

私は Vine Linux を使っている都合上、パッケージ管理は rpm でやっているので、
本当はcheckinstall したかったのだが、以下のエラーが出て、インストールできず。
   ranlib: could not create temporary file whilst writing archive: No more archived files
仕方がないので、上記のごとく、 make install とやった。
ただ、上のエラーとも関連があるのかもしれないが、ライブラリのリンクがうまく行かず、
手動で ldconfig を実行した。

  # ldconfig

Qucs インストール
最初、qucs-0.0.18 をインストールした。
Readme に書かれていた、./configure はうまく行かず、
cmake でビルドして、make,checkinstall できたのだが、
プログラムうまく動かず、さっさと諦めた。
次に qucs-0.0.17 を入れようとしたが、./configure も cmake も通らず、
これもろくすっぽ原因を調べずに諦めて、
qucs-0.0.16 を入れた。0.0.16には CMakelists.txt がなかったので、
configure でビルドインストールした。

  $ ./configure
  $ make
  $ su
  # checkinstall

とりあえず動いている。
下記がそのスクリーンショット

Screenshot-Qucs 0.0.16-Project:hentenna.png

 


ソータバランの特性インピーダンス推定 [ham]

先日報告の50MHz ヘンテナ用に作ったバラン。
http://ham-jq1qnv.blog.so-net.ne.jp/2013-11-10


これの特性インピーダンスを推定してみた。

特性インピーダンスの測定はTDRと言う方法があるそうですが、
あいにくそれのできる測定器は持ち合わせていないので、
どこのご家庭にもある miniVNA PRO を使って計ってみることにしました。
作ったソータバランが送電線としての特性を持つものと仮定して、
数種類の抵抗を終端にして反射特性を調べました。結果は下記のようになります。
抵抗終端測定結果と抵抗単体を伝送線80Ω500mmで換算.png
ソータバランを抵抗で終端したものの実測値と、
ソータバランを介さないで抵抗を単独で測定した結果に、
送電線分の補正計算を施したものとの比較をしました。
しっくりこない部分もありますが、回転の方向は合っているし、軌跡もまぁまぁ、重なっていますので、
このソータバランはインピーダンス70〜80Ω程度の送電線としてみて差し支えないと思います。
補正計算は、linsmith の Circuit にて、特性インピーダンス80Ω、電気長500mmのケーブルを
直列に入した場合として計算しました。
教科書(*1)によると、薄い被覆の平行2線を密着した場合のインピーダンスは70~60Ω程度、
よじれば50Ωに近づくとのことですが、私が作るとどうも70〜80Ωっぽい^^;
まぁ、おかげで想定外の効果を発見できたのですが。

測定は、対象を miniVNA PRO の DUT port に接続して S11 特性を測定します。
周波数は0.1〜70MHzで実施しました。

 出典
(*1)改訂新版 定本 トロイダル・コア活用百科、山村英穂著、CQ出版 p367


6m用ヘンテナにソータバランを入れた時の効能 [ham]

6mのヘンテナを製作しているのだが、大部分できたので、
インピーダンス等の特性を測ってみた。
3m × 1m のサイズのヘンテナで、
MMANAにて計算した結果のうち、インピーダンスは75Ωになる。
それで、当初50Ωに整合させるための整合回路が必要と考えていたのだが、
ソータバランの特性のおかげで、不要になりそうだと言う事が判った。
それに気づいたのはヘンテナの特性を minVNA PRO での測定結果を
眺めていた時だった。その時の測定結果は下記。(クラブ内報の焼き直し^^;)

http://www009.upp.so-net.ne.jp/gateside/body/6m_hentenna/jq1qnv_hentenna_mes.pdf

その測定結果をQucsの計算で再現したのが下記。
整合の取れるところはアンテナの共振点よりも若干外れるが、
MMANAで利得を計算したところ殆ど影響がないようなので、
実用的には問題ない。
送電線としての電気長が1/8λで効果がでるのだが、
50MHzだと75cmになり、バランに巻いた電線の長さでも影響がでる。
(今回は良い方向に影響が出てラッキーだった)

Qucs_result_detail_m.png

  図1.ヘンテナにつけたソータバランの効果

 ソータバランは下記です。

balun2.jpg

  トロイダルコア FT-82-43 にΦ0.7mmのUEW線(?)を
 バイファイラで6回巻いたもの。

  図2.今回作製したソータバラン


Vine Linux 6.1 + Bluetooth + miniVNA PRO [Linux]

 miniVNA PRO を Bluetooth 経由 Vine Linux 6.1 で使う。

とりあえず使えたが、すんなり行かなかったのでメモを残す。

1. Bluetooth の設定
アダプタはロジテック LBT-UAN03C2BK8。ドライバは準備不要でUSBに挿したら使えた。
(1)メニューの [システム]-[設定]-[ハードウエア]-[bluetooth マネージャー]を開く。
Bluetoothデバイス1.png
(2)miniVNA PRO の電源を入れる。
(3)(1)で開いた bluetooth マネージャーの「検索」をクリックすると
     「PRO SN ******」が表示されるはず。それをクリックで選択して[セットアップ]
Bluetoothデバイス2.png
(4)Pairing の選択になるのでここは「Proceed Without Pairing」(3行目の一番下)を選択
pairing.png
(5)次のダイヤログボックスで 「Serial Port」を選択して [進む]
serialport.png
(6) 新しいダイヤログが開くのでパスワードを入力。
       パスワードはminiVNAのハードウエアガイドに記載されている。
pairing_code.png
(7)ここで接続が完了して、画面右上に/dev/rfcomm0 とか表示される。
serial_port_connected.png

2.vna/j のための設定
(1)vna/j は tty で始まるデバイスしか検索できないみたいなので、
       コマンドライン端末から下記にてリンクを作成。
          # ln -s /dev/rfcomm0 /dev/ttyrfcomm0
(2)vna/jを起動。 [Analyzer]-[set up]とやると、
      「Available ports」の中に先ほどリンクした"ttyrfcomm0"がリストの中に表示されるので
       それを選択。あとは通常運転

     2.(1)の手動リンクはもっとスマートなやり方があると思うが、とりあえずこれで動いた。


再び丸を書く。今度は miniVNA PRO + Vine Linux 6.1 + linsmith [ham]

3m_5D-2V_2013-09-01_Screenshot-Smith Chart - v0.99.22.png
図1 miniVNA PRO の測定結果を linsmith に読み込んで表示

いろいろあって、買いました。miniVNA PRO。
miniVNAというのは、誤解を恐れず平たく言えば、ラジオ周波数でのインピーダンスが測れる測定器です。
この測定器は電源、リセット以外の操作のボタンは無く、データを表示する機能もないので
パソコンで制御とデータの取り込み処理を行います。
そのためのソフトで vna/j というのがあるのですが、
このソフトのマニュアルには Linux版 の開発は終わったと書いてありました。
それは残念!と思ったのですが、これって Java なんですよね。
JRE がインストールされていれば Linux でもと思い、
試しについないでみたら動いたので遊んでみました。
キャリブレーションのあと、手元にあった5D-2V 3m長のケーブルの一端に100Ωの抵抗をつないで
測定してみました。簡単ですね。あっけない。
MFJ-259Bで時間をかけて測定したインピーダンスも、この機械にかかれば数秒です。
しかもリアクタンスの極性も判るし。ということで測定の結果は以下、図2,図3の通りです。
Screenshot-vna-J 3m_5D-2V_2013-09-01_Version 2.8.6c.png
図2 vna/j を Vine Linux 6.1 で動かした時のスクリーンショット

Screenshot_3m_5D-2V_2013-09-01_-vna-J - Smith-chart main window.png
図3 vna/j を Vine Linux 6.1 で動かした時のスミスチャート

折角なので測定データを linsmith で読み込んでみました。それが図1です。
ちなみに同じような測定をMFJ-259Bで実施した様子はhttp://ham-jq1qnv.blog.so-net.ne.jp/2012-07-02

Vine Linux はバージョンが 6.1 、 カーネル 3.0.77 、JREは java-1.6.0-sun 、
vna/j は2.8.6c です。

 最後に、これから初めて miniVNA を購入されるかたへ一言。
ぜひキャリブレーションキットも同時に購入されることを勧めます。
VNAを使ったことのある人にとっては当たり前のことでしょうが、
キャリブレーションのデータが無いと、測定のステップに進めません。
自作も可能だとは思いますが、同時に購入された方が購入後すぐ測定作業に進めます。
私はVNAを使ったことが無く、あまり深い考えもなくとりあえず同時購入しましたが、
買った後でこれが正解!と気づいた次第です。^^;


ソニーのラジオ XDR-63TV でホールド設定した時に起こる無音状態の時間 [工作]

いつも使っているソニーのラジオ XDR-63TV。
TVワンセグ音声も聞けるので重宝しています。
このラジオは正面にジョグレバーがついて、それが軽いタッチで動作してしまうため、
ポケットに入れる時など間違って触れてしまい、設定が変わってしまうことがしばしば。
仕方がないのでホールド設定して使っているのだが、
そのホールド設定の時に音声が途切れてしまう。
一瞬であれば気にしないのだが、
ニュースや会話の途中で切り替えたりすると
しばらく沈黙してしまうので、話の内容が聞き取れない場合がある。
ほんのちょっとなんだろうけどな。
時間にしてどれくらいなんだろう?と思って計ってみたら、
これが、1.7秒も無音の状態になることが判った。(下図参照)
そういう設計だとしたら、ちょっと長くね?
どういう事情なのか判らないけれど、1.7秒はちょっと長いよね。

とりあえずソニーには改善をお願いしました。

 

 Screenshot-FM_noise_1.gif

 図 ホールド設定した時に起こる無音状態の時間計測結果

  XDR-63TVのFMモードで放送周波数を外して受信し、ノイズを音声出力。
  それを Audacity 2.0.0 を使ってタイムチャートに表示させ無音状態の時間を計測した。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。